■ 上野恩寵公園 Artの森

b0148920_16312711.jpg
b0148920_16314348.jpg
b0148920_1632087.jpg
b0148920_16321656.jpg
b0148920_16323072.jpg


 上野公園内には美術館や博物館が多数有り なにがしかのエキシビジョンが
 催されている。
 
 東京都美術館でのフェルメール絵画の余韻を残しつつ 西洋美術館フロントヤードに
 ある彫刻群も久々に覗いてみた。
 ここにはロダン彫刻が4点ほど雨ざらしで展示されており 数十年のあいだ四季折々の
 うつろいを感じながら 微動だにせず悩みそして考え続けている。

 人間の持つ普遍性がここにかいま見られ しかも身近に再認識する事が出来るのだ。
by ukgbsh1901 | 2008-08-24 16:58 | 公園 | Comments(2)
Commented by ku-syan at 2008-09-23 00:46 x
ロダンの彫刻が外にも展示されているのですか!?  人はその彫刻を見て何を思うのでしょう。 雨の日だったら 「雨に濡れてかわいそう」暑い日だったら「暑いのに大変ねえ」と思ったりするのでしょうか。見る人が違えば当然思い方も違いますよね。でも、一人の人が見るにしても、今そのときの気持ちとまた別のときに見たときの気持ちが同じとも限らないですよね。 自分の心理状態を知るにも、時にはこういう素敵な場所に足を運ぶのもいいかもしれませんね!
Commented by ukgbsh1901 at 2008-09-23 21:28
ku-syanさん。
コメントありがとうございます。 そうですね。 人それぞれ そしてその時々の気持ちのあり方によっても見方が異なるのでしょうね。 何かを見ることは自分に取ってリトマス試験紙なのかも知れませんね。
<< ■ 涼しい雨の日のぬくもり ■ 上野恩寵公園 昔からのたたずまい >>