■ 府中市美術館

b0148920_1919697.jpg


b0148920_19191992.jpg


b0148920_1919326.jpg


b0148920_1919451.jpg


b0148920_19195959.jpg


 《 純粋なる形象 ディラー・ラムスの時代-機能主義デザイン再考 》
 つい数日前にこの様なイベントが有ると知って 急遽駆けつけてみた。
 ブラウン社おなじみのシェーバーはもとよりラジオをはじめとする家電や家具等々 今まで写真でしか
 お目にかかれなかった そして初めて見る作品が300点以上も展示されておりとても充実した内容であった。

 最近のデザインは若干豊穣すぎると個人的には感じるが 60年代前後のラジオやプレーヤーそしてシェーバー等は
 色遣いも形状もとてもシンプルで今発売されているのであれば「欲しい!」と思わせるものばかりなのです。
by ukgbsh1901 | 2009-07-09 19:33 | | Comments(0)
<< ■ 再び函館市内を徘徊 ■ 大沼国定公園 >>